出会い系サイト「First(ファースト)」 – 出会い系の常識を覆すシステム

公開日:2017年6月21日 | | 日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

海外で新しくリリースされた「First(ファースト)」という出会い系サイトがあります。この出会い系サイト、ありきたりな名前ではありますがそのシステムが非常に斬新です。

普通、出会い系というのはメッセージやプロフィールを見て、自分の好みに合いそうかどうかを判断するのですが、「First(ファースト)」は初デートでその相性を確かめるシステムなのです。

「First(ファースト)」の特徴

先述しましたが、「First(ファースト)」の最大の特徴といえばメッセージのやり取りやプロフィールを確認することなく初デートにいけるという点です。

出会い系に本来あるはずの、プロフィール検索やメッセージの交換機能がありません。あるのは、デートプランと日付だけです。ユーザーはプランを立てる側にもなれますし、プランに申し込みをする側にもなれます。

「First(ファースト)」の特徴

デートプランを立てる側

プランを立てる方は、自分の行きたいところだけをピックアップしてデートプランを立てることができますね。

そのプランに魅力を感じた人が申し込んでくるわけですから、共通点が多そうです。比較的理想の相手を見つけることができるんじゃないかと思います。

デートプランに申し込む側

デートプランに申し込む側は、「楽しそう」と思ったデートプランに申し込みするだけですから、非常に気軽に相手と出会うことができてしまいます。料金面などはまだハッキリ分かっていませんが、気持ち的には楽なのではないでしょうか。

ただし、良い人だけが相手とは限りませんからそこらへんは何かしらで見極める必要が出てきそうです。

デート代を設定できる

「First(ファースト)」では、なんとデート代を誰が持つかをデートプランの段階で決めることができます。「プラン者が支払う、申込者が支払う、ワリカン」などで選べるので、よりスムーズにデートをすることができます。

初デートでかかる予算を行く前に決定できるので非常にありがたい機能だと思います。

冷やかしのユーザーを排除

「First(ファースト)」では、デートをすっぽかすとペナルティが与えられます。また、逆に何回かデートを成功させると運営からお墨付きが貰えます。

初めての人でも、「信用できる人か、できない人か」が分かる仕組みです。

現段階で考えられるメリットと危険性

インターネットでは次から次へと新しいサービスが生まれます。5年前は存在していなかったのに、今では日常的に使われているSNSや技術が当たり前のようにあります。

流行るのは皆さんにとってメリットがあるからです。しかし、メリットもあればデメリットや危険性もあるものです。特に新しいサービスは、運営にとっても予期せぬアクシデントが起きるので利用者自身も気を付けなければいけません。

まずはメリットから見ていきましょう。

現段階で考えられるメリットと危険性

実際に会うという確実性

出会い系では、相手のプロフィールを確認してメールを送り、気が合えば初デートという流れになります。時間の短縮にもなりますし、何より実際に会うことで相手のことをよく知ることができます。

メールだけでは相手のことを全て知ることはできません。「First(ファースト)」では、最初からデートなので「メールで気が合ったから断りづらいな」ということもありません。

メール代などで料金を消費しなくて済む

出会い系を少しでも利用したことがある方なら分かると思うのですが、メール代などの利用料金は結構バカにならないものです。

「First(ファースト)」の料金設定はまだハッキリとはわかりませんが、メール機能自体が存在しないので、メッセージを送る度に料金が積み重なるというのはありません。

危険な人と出会ってしまう可能性

先述したように、「First(ファースト)」には、デートをすっぽかした人に対するペナルティがあります。しかし、プランを立てる側が悪い考えを持っている場合、そのペナルティのみでは防げないはずです。

最悪の場合、事件や事故に巻き込まれる可能性もあるということです。日中のデートのみにする、人気のないところに行かないなど自分自身で注意しなければいけない部分も大いにあります。

日本でのリリースはまだ?

残念ながら日本でのリリースはまだらしいです。最初からデートをするアプリなんていうのが、日本でリリースされたらかなり話題になりそうな気がします。

安全面もよく考えなければいけませんね。

トラックバックURL