出会系アプリ『Tinder(ティンダー)』 – スーパーライク・ティンダーソーシャルとは?

公開日: | 巷で話題の出会い系サイト特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

Tinder(ティンダー)はアメリカ発の出会系アプリです。Facebookのデータと連動させることにより、身近にいる人とマッチングしやすいようになっているのが特徴です。

また、プロフィールに設定された写真が次々と表示され、興味がある人のページにアクセスする、スワイプで無視して別の人を探すなど、ユニークな機能を備えています。

近くの人とつながりを持てることが最大の魅力で、同じ趣味の人間で集まってグループを組むなど、変化球も仕えるのが特徴です。その他の出会系アプリはこちらで詳しく紹介していますので、是非ご覧になってください。

写真を一目見て相手を選べる出会系アプリ

Tinder(ティンダー)の最大の特徴はFacebookの位置情報を利用していることです。近くに住んでいる人などを基準にマッチングが行われることから手軽に合える人が多く、好みのタイプなのに遠くに住んでいたというミスマッチを避けることができます。

また、次々と相手が表示されるため、直感的に相手を選ぶこともで切るようになっています。気になる人はLIKEをつけて好意を示すなど様々なアプローチができるため、隙間時間に使う人がいるのもユニークな点です。

写真を一目見て相手を選べる出会系アプリ

隙間時間で時間つぶしに使える出会系アプリ

Tinder(ティンダー)は特定のキーワードなどで相手を探す機能がなく、画像情報を元に相手を探すことになります。気になる人がいた場合はプロフィールなどを見てコンタクトを取るか考える形になります。

画像を次々と表示させてインスピレーションで好みの相手を探せるため、隙間時間に気軽に使う層が多くなっています。位置情報で近いことが前提になるため、暇なときに異性と遊ぶといった気軽な出会いにつなげやすいのが特徴なのです。

また、気になる異性がいればとりあえずチェックを入れて、様子を見て連絡するといった方法もあります。

Super LIKE(スーパーライク)の活用が鍵になる

隙間時間などに利用する人が多いということは、インパクトがないと出会いにつなげにくいと言うことでもあります。主用なSNSのイイネに当たるLIKEを使う方法もありますが、実際にはメッセージかSuper LIKE(スーパーライク)の使い方が鍵になります。

Super LIKE(スーパーライク)は1日1回しか利用できないものの、その分希少価値があります。ストレートに気持ちを伝えるのに貢献してくれるのです。有料会員になれば回数を増やせますが、出費を抑えつつ出会いを探したい場合は使いどころが肝心になってきます。

登録だけして放置されているアカウントもあるため、LIKEをくれた相手にSuper LIKE(スーパーライク)を返すなど、無駄うちを避けるのが大切になるのです。

ビジュアル重視だからこそ写真が重要に

Tinder(ティンダー)を使いこなす上で重要になるのが写真写りです。システムの関係上マッチング率を上げるためにはまずプロフィール画像を充実させ、少しでも多くの異性にアピールする必要があるのです。

少しでも見栄えが良くなるように練習するなど、工夫をするのが基本になります。人によっては画像加工ソフトで加工をする人やプロに撮って貰うなど目立つための工夫をしているのです。

見栄えさえ良ければ放置しても異性から勝手にアプローチが来ることもあるからです。

ビジュアルを制すものがTinder(ティンダー)を制す

ビジュアルで直感的に相手を選べるのがTinder(ティンダー)の特徴です。そのため、写真写りはそのままコンタクトできる人の数に直結します。そのため、自撮りの方法を研究するだけでなく、画像の加工などを駆使して見栄えを良くする人は珍しくないのです。

ポイントは一度デートや連絡先の交換につなげてしまえば、多少の範囲であれば多めに診て貰えることです。そもそも連絡が全く来なければデート仕様もないからです。

プロに撮って貰うのも方法です。他のマッチングサイトなどに使いまわすことを考えれば、数千円や万単位のお金でも割に合うことがあります。出会えないならまず見た目にお金をかけるのも方法です。

プロフィールの情報を充実させるのも忘れずに

ビジュアルだけを追及してプロフィールを充実させないのは片手落ちです。ビジュアルで気になった人のプロフィールを見てから連絡を取るか考える形になるため、プロフィールの情報がなければどういう人か想像できなくなってしまうからです。

趣味の情報や簡単な職業の情報など、相手が少しでも言いと思えるような情報は書いておいた方がプラスになります。

Tinder(ティンダー)は異性との出会いを求める以外にも知り合いを増やすために利用する人がいるため、リアルバレをしても友達作りといっておけば通じる気軽さもあるのです。

グループ機能を使えるのも特徴の一つ

Tinder(ティンダー)にはTinder Social(ティンダーソーシャル)という機能があります。Facebookでグループを作ると利用が可能で、グループ同士のマッチングが可能になるのです。男性二人で飲みに行って、女性二人でデート、あるいは合コンにつなげるといった使い方が可能です。

1対1での出会いに警戒心を盛っている人も珍しくないため、上手く活用した方がプラスになります。お酒で盛り上がっているときに即席でグループを作るなど、上手く活用している人もいるのです。

男女で1対1だと警戒されてしまうことも多い

Tinder(ティンダー)は出会い目的と言うよりも、異性の友人を探す感覚で利用する人や、合コンの数合わせに付き合っているといったケースがあります。1対1では警戒してしまう人もいるため、直接アプローチをしても返信率が低くなる場合があるのです。

グループで盛り上がることを楽しみにしている人もいるため、誰かと一緒でなければと考える人も出てきます。

アプローチの幅を増やすことは出会いの幅を広げることになるため、警戒されているようならTinder Social(ティンダーソーシャル)経由でデートに誘う方法もあるのです。

グループマッチ機能ですぐ相手が見つかることも

Tinder Social(ティンダーソーシャル)を使うと、出かける相手を選んだ上でグループマッチすることができます。「今夜出かける」機能を使うと、同じく周辺で出かけている異性とのマッチングが可能なのもポイントです。

突発の飲み会や合コンに利用しやすいようになっているのです。酒飲み仲間で突発のコンビを組んで相手を探すといった使い方も可能で、上手く活用すれば一気に人脈を広げることもできます。

トラックバックURL