アダルト動画のVRが凄い! – セックスの疑似体験や出会い系への影響

公開日:2017年2月21日 | | 日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

VR元年と言われた2016年は、VRに関するさまざまなアプリやゲーム、動画がリリースされました。VRとは少し違いますが、AR機能を搭載したポケモンGOも世界的に話題になりましたね。

いきなりVRの話をされても分からない方も多いと思いますので、まずはVRとARそれぞれの意味からご説明します。

VR(仮想現実)とは?

バーチャルリアリティ(英: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。

出典:バーチャルリアリティ – Wikipedia

AR(拡張現実)とは?

拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、アグメンティッド・リアリティ、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

出典:拡張現実 – Wikipedia

※簡単にいえば、全て仮想なのがVR。現実のものに仮想のものを付け加えるのがARです。

現実世界にはないものを五感で体験できる技術は、まさに近代的で衝撃的なものでした。家に居ながらにして世界を旅できて、現実には体験できないことができるのです。私が最初にこの技術を見た時は、声をあげて驚いたのを覚えています(笑)。

VRの基本的な知識や操作方法について

VRが楽しめる動画は、Youtubeを探せばいくらでも出てきます。ミュージックビデオにしている人もいれば、海外の街並みを疑似散歩できるような動画まであります。

スマホやPCがあれば、簡単に探し出すことができるでしょう。ただし、当たり前の話ですが肝心のVR専用機器がなければ見ることができません。高価なイメージを持っている方も多いと思いますが、意外にも1000円程度で購入できるものもあります。

VRの基本的な知識や操作方法について

VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)について

VRを楽しむためには、基本的にVR専用のヘッドマウントディスプレイが必要になります。簡単にいうと映画館などでかける3Dメガネのようなものです。その気になるお値段はというとピンキリです。

ただ「体験してみたいな~」と簡単に考えている人は安いヘッドマウントディスプレイでも良いですし、没入感満載で楽しみたい方は割と高級なものを購入しても良いでしょう。

※Amazonで紹介されているVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)はこちら。

没入感とは?

VRがリリースされてから、「没入感」という言葉をインターネットでよく見かけるようになりました。読んで字のごとく、どれだけその映像に没入できるかという度合いのことを指します。

一概には言えませんが、値段が安いマウントディスプレイは没入感が低く、値段が高いマウントディスプレイは没入感が高いと言われています。装着感や明るさなど、現実を感じさせないものほど没入感が高いと言えるでしょう。

VRの操作について

PS4やPCにおけるVRは、見るだけではなく手でコントローラーを利用して行動を起こすことができます。普段のゲームと操作性自体はあまり変わらないです。

スマホのVRはというと、目線を動かしたり止めたりすることでその行動を起こすことができるものが多いみたいです。スマホでもしっかり楽しみたいという方は、スマホ専用のコントローラーもあるみたいなので、購入してみてはいかがでしょうか?

アダルト業界に大きな革命!セックスの疑似体験ができる!

ゲーム業界、アプリ業界に大きな影響を与えているVR技術ですが、AV(アダルトビデオ)業界にもその効果は絶大です。本来見る事しかできないものが、主観的に体験できるものになるのですから、VRとの相性は抜群だったと言えます。

世の中の男性が一気に興味をそそられたことでしょう(笑)。

アダルト業界に大きな革命!セックスの疑似体験ができる!

海外の動画が多い現状

現在は海外の方がVR専用の動画が出回っているみたいです。無料で見れるものも数多くありますが、画質はあまりよくないようですね。

しかし、数こそ少ないものの日本でも徐々に普及しつつあります。

「DMM.com」の高画質アダルト動画

大手企業のDMM.comがVR専用アダルト動画を続々とリリースしています。量が多いのはもちろん、高品質な作品が多いのが特徴です。

今後はどう発展していくのか?

見るだけではなく、家にいるだけで体験に近いことができるようになったアダルト動画ですが、今後はどうなっていくのでしょうか?

ダッチワイフのような形のコントローラーが発売されるかもしれませんね。更に技術が進めば、そのダッチワイフも動画の内容に合わせて動いてしまうかもしれません。考えればキリがないです(笑)。VRは、想像を現実に変えられてしまうほどの衝撃をアダルト業界に与えたと言えます。

VRによって大きく影響を受けるかもしれない出会い系サイトの今後の予想

今回、私が「VR」に関しての記事を書こうと思った理由は、出会い系サービスにも大きな影響を与えそうだなと思ったからです。

出会い系サイトの魅力といえば、家に居ながら世界各国の人と繋がれるところにあります。理想のパートナーを検索して、プロフィールを見て、メッセージを送る。というのが基本的な出会い系の流れです。

家に居ながらできるという点において、アダルト動画同様、VRとの相性は非常に良いと思います。

VRによって大きく影響を受けるかもしれない出会い系サイトの今後の予想

ご近所でパートナーを見つける

パートナーを探す際に、GPS機能を利用している出会い系アプリがあります。ご近所でパートナーを探したい時に重宝する機能です。出会い系アプリに関してはこちらの記事をごらんください。

これの応用ではないですが、VRを利用して仮想空間を散歩するだけでご近所にいるユーザーと鉢合わせするということも近々起きるかもしれませんね。

セフレ・結婚相手探しに役立つ

出会い系のデメリットとして、実際に会うまでに相手のことを深く知れない面があります。正直メッセージだけでは相手のことを全部分かりません。

VR技術を使えば、全身を見ることができるようになり、相手と一緒に行動することで中身も知ることができるようになるのではないでしょうか?

セフレを探すなら相手の容姿は大事でしょうし、結婚相手を探すならより深く知る必要があります。実際に会う前にその判断ができるのは時間の有効活用にもなります。

実際に行われたVRデートイベント

大手出会い系アプリの「The League」が、VRを利用したデートイベントを紹介していました。そのイベントでは、遠く離れた独身者と出会うことができたそうです。

■参考サイト
最初の出会いはデジタル空間。出会い系アプリThe LeagueがVRデートイベントを開催|ギズモード・ジャパン

インターネット上でやり取りをして、実際に出会う時の気持ちとしては期待と不安が半分ずつだと思います。VRが出会い系に取り組まれることで、より確実な出会いを体験することができるかもしれませんね。

個人的に不安だと思うこと

VRのことを散々褒め称えてきましたが、個人的に不安に思っていることもあります。それは、仮想空間なのでやろうと思えば何でもできるという点です。

どういう風に実装されるのか分かりませんが、街中を普通に歩けるとしたらストーカー行為をする人もいるでしょう。嫌がらせをしてくる人もいるかもしれません。

もちろん、サイト運営側がいくつか制限をしていくと思います。しかし、その制限が多くなっていくと楽しみが減るのも事実です。そのバランスであったり、制限の方法であったり、考えることは山の様にありそうです。

以上なりますが、この記事に書いているのはあくまで個人的な予想です。VRが全く参入してこないことだって考えられます(笑)。私個人の本音を言えば、不安面はあるものの出会いの幅が大きく広がると思うので参入してきてほしいです。

『アダルト動画のVRが凄い! – セックスの疑似体験や出会い系への影響』のまとめ
1.アダルト動画はVRと相性が良く今後も伸び続ける気がする。
2.セフレ探しや婚活相手探しが今までよりはかどる。
3.出会い系サイトでのVRは出会いの幅を広げてくれる。
トラックバックURL